皮膚の老化を最大限に食い止める 夏だけじゃなく一年中のUVケアを心掛けて

紫外線にはUVAとUVBがあります。UVAは、肌の深部に悪影響が与えられる紫外線。肌がダメージを受けると、弾力の元となる成分の合成が低下し、しわやたるみを引き起こしやすくなります。
UVBは、表皮に影響がある紫外線。メラニンの生成を活発にし、シミ、くすみの原因になります。
また、皮膚の水分が減少することで、乾燥やしわ、肌荒れなども起こりやすくなるでしょう。
これら紫外線による肌ダメージは「光老化」と呼ばれています。肌の老化の約90%が、この光老化によるものだと言われているため、皮膚の老化を最大限に食い止めるにはUVケアが大切です。
・・・[続きはこちら]

 

返信を残す

*