いつものボディオイルが使用するタイミングで効果絶大に

空気が乾燥する季節になると、顔だけではなく体へのケアも気になりますよね。
代表的なボディケア方法と言えば、ボディオイルやボディミルクの使用があげられます。
しかし、体の乾燥が気になった時にその都度ボディオイルなどを使用するよりも、
今から紹介する効果的な使い方をすることで、より効果を得ることができます。

その効果的なボディオイルの使い方とは、お風呂上りのまだ濡れた体に使用することです。
さらにボディオイルを体に塗る前に、両手の平を使ってよく温めるのも忘れずに行いましょう。

実はボディオイルは乾いた体よりも濡れた体に使う方が、
より皮膚の乾燥を防いでくれます。
少し温めてから使うことで、肌への浸透力もアップします。

お風呂や浴室にボディオイルを置くようにすれば、
塗るタイミングをうっかり逃してしまうことを防げますよ。
ボディオイルによっては、
パッケージに濡れた体に使用することを推奨している商品もあります。
もちろんパッケージに記載していない場合も、どんなボディケア用品でも、
お風呂上りの濡れた体に使用した方が効果が高くなるのは同じなので、ぜひ1度試してみましょう。
これで、今年の冬は乾燥知らずのウルツヤボディを手に入れることができますよ。