食事ダイエットの天敵、間食や甘い飲み物を見直してみよう

いつもの食事を見直してスリムになりたい…という場合、ターゲットにしたいのが「間食」です。
三度のご飯は、和食中心で割とバランスのよいものを食べていても、おやつや夜食に脂肪たっぷりのコンビニデザートを食べたり、仕事の休憩時にカフェでカプチーノやマキアートを飲んでしまう習慣のある人なら、まず確実に太ってしまいます。
まずはこの習慣をよく見直し、ダイエット向けのおやつや飲み物に切り替える所から始めてみましょう。
甘い飲み物をついつい飲んでしまう人は、良い香りを残しつつもカロリーのないものにするのがおすすめです。
例えばコーヒー派なら、ヘーゼルナッツやバニラ、キャラメルといった甘い香りのするフレーバーコーヒーがありますので、こちらをストレート・あるいは少量のミルク入りで飲むのがいいでしょう。
お茶はダイエッター向けのウーロン茶・ルイボス茶他、フルーツやお花を使ったハーブティーもたくさんありますので、アロマテラピー的な楽しみ方もできます。
次におやつですが、一番よいのは季節の生フルーツです。
カロリーが少ない上にビタミンやカリウムなど、美容に必要な成分がたくさん入っています。
ドライフルーツも保存がききますし、栄養価も高いのでおすすめですが、よく噛んで食べないと逆に食べ過ぎてしまうこともあるので注意してください。
できるだけ無添加・無加糖のものを選ぶのがいいですよ。
ダイエット中に、いつもの飲み物やおやつをいきなりやめてしまうと、ストレスを感じて逆にリバウンドする可能性が高くなります。
体によいものを厳選して、ストレスフリーでダイエットが持続できるように工夫していくのが、ダイエット成功の秘訣です。