正しい角質ケアでイチゴ鼻とさよならしよう!

鼻の頭に黒いブツブツができたイチゴ鼻は顔の中心にあり、とても目立ってしまうものですね。
これは、開いた毛穴に古い角質が詰まっている状態です。
でも、これを鼻パックで角質をはがすと、さらに毛穴が広がってしまいます。
スクラブ入りの洗顔料でゴシゴシこすっても、お肌を傷めるだけで、古い角質は除去できません。
正しい角質ケアをしなければ、イチゴ鼻はなかなか治ってくれません。
まずは、もこもこによく泡立つ洗顔料で優しくなでるように顔を洗いましょう。
顔をこすらないように洗い流したら、
保湿力の高い化粧水やクリームで潤いをたっぷり与えましょう。
即効で黒いブツブツが取れるわけではありません。
お肌の新陳代謝(ターンオーバー)で徐々に毛穴を縮めていき、
詰まっていた角質も自然と取れていくのを待ちましょう。
新陳代謝を高めるために、軽い運動をして血行を良くしたり、
リラックスして、しっかりと質の良い睡眠を取ったりすることも有効です。
イチゴ鼻が治ってきた時、お肌全体のキメが整い、
つやつやのお顔に変わっていくことでしょう。
特別な化粧品を使うことではなく、特別な方法でも全くありませんが、
ありきたりの健康な状態のお肌にすることが、
イチゴ鼻とさよならするには一番の近道です。