赤ニキビは、肌のターンオーバーが正常に機能することで予防できる種類となるニキビ

肌のターンオーバーは、約1ヶ月の正常な周期によって古い細胞が新しい細胞に生まれ変わりますが、肌のターンオーバーの周期が乱れると赤ニキビに発展しやすくなります。

なぜなら、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなると、古い角質が肌に残るので毛穴に詰まっている皮脂と混じってニキビになるからです。

また、肌のターンオーバーは古い角質が剥がれて、新しい皮膚細胞が生まれ変わるので、ニキビが炎症を起こすのを防げます。

ただし、生活習慣が乱れてターンオーバーが正常に機能しなくなると、肌が皮脂を過剰分泌するだけでなく毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、

ターンオーバーの周期を改善しないままだとニキビが悪化します。

そして、古い角質が皮脂と癒着することでアクネ菌が増殖するので、アクネ菌によって赤ニキビが発症します。

赤ニキビが肌にできた場合は、放置せずに炎症を抑えるのがポイントとなるので、肌に刺激を与えないように心がけるのが重要です。

なぜなら、赤ニキビができた状態で肌に余計な刺激を与えることで、炎症した部分が刺激を受けて熱を持つことで肌の乾燥が進行して、肌が痒みを伴うからです。

なので、赤ニキビによる症状を改善するには、スキンケアで肌を保湿するのが大切となります。

肌を保湿することで、肌に水分を与えて刺激を受けにくくできる上に、肌が炎症を起こすのも防ぐのでターンオーバーが正常に機能するようになります。

赤ニキビは、ターンオーバーの周期の乱れの影響を受けやすい種類のニキビなので、ターンオーバーが正常に機能すれば赤ニキビに悩まされなくなります。