頭皮の臭いにおいが出る原因にはどんなものがあるのか

頭皮から臭いにおいが出るのは皮脂に原因があります。
頭からは非常に多くの皮脂が出るのですが、時間が経つとともにその皮脂が酸化していきます。
そして酸化した皮脂をエサとする頭の常在菌が繁殖してしまいます。
その時にノネナールという成分が作られ、この成分が独特の臭いにおいを発します。
その為、皮脂が過剰に分泌されるとにおいは強くなっていきます。
また、不規則な生活習慣や食生活などによって皮脂の中にアンモニアなどの老廃物が増えます。
そうなると頭の常在菌などにとってアンモニアなどは好物なのでより一層菌が繁殖し、ノネナールも多く生成されてしまう事で頭皮のにおいが強まる原因となってしまいます。
また、活性酸素も影響します。
活性酸素も不規則な生活習慣やストレス、偏った食事などで増えてしまいます。
そうすると皮脂も含めた体の細胞が酸化されてしまい、頭皮のにおいにも悪影響が出てしまいます。
その他男性ホルモンは皮脂の分泌を促す為、ストレスや飲酒で女性ホルモンのバランスが崩れる事もよくありません。
シャンプーが強すぎる事も肌の乾燥などの原因となり、更にそのあと乾かす時もしっかりと水分を取らないと頭が蒸れた状態となりこれもにおいの原因となります。
その他加齢による肌の状態の変化、帽子を長時間かぶる事、頭皮の日焼けもにおいを増強させてしまいますので注意が必要です。